マーレのオイルフィルタ - エンジンの監視役

マーレのオイルフィルタは、潤滑システムへの汚染物質の混入を確実に防ぐだけでなく、オイルグレードやエンジンの効率や性能を維持します。フィルタの安定したプリーツ形状はコールドスタート時の安定性を確保しており、最大20バールのピーク負荷はハウジングの高圧抵抗によって相殺されます。圧力リリーフバルブは、コールドスタート時や低温時の粘度の高いオイル、極度に汚れたフィルタエレメントや交換時期を過ぎてしまった場合など、あらゆる条件下でオイルの供給を保証し、ノーリターンフローバルブはエンジンオフ時にフィルタの排出をストップし、エンジンの始動時に適切なオイル供給を行います。また、ハイグレードなシーリング材とカスタムフィットのコネクティングピースは汚れたオイルとろ過されたオイルを確実に分離する役割を担っています。

なお、オイルフィルタを最適な状態で機能させるためには、自動車メーカーが指定したメンテナンス期間内に交換する必要があります。

MAHLE オイルフィルタカートリッジ

OXおよびOX-Ecoプログラムのフィルタカートリッジは、整備工場向けの、かなり経済的なソリューションで、フィルタ一式ではなく、汚れたフィルタエレメントのみを交換できるようになっています。環境保護に配慮したソリューションですので、材料や廃棄コストの節減につながります。OX-Ecoバージョンのカートリッジには金属が含まれていないため、すべて完全に焼却することができます。オイルフィルタカートリッジは、取り外し可能なハウジングが付いたすべてのオイルフィルタ用に用意されています。

油圧スピンオンフィルタとフィルタカートリッジ

肉厚とエンドプレートの安定性が増した油圧スピンオンフィルタは、最大40 barまでの高圧油圧システムに特に適しています。脈動をしっかり抑えられるよう、多面的なカラーはほとんど使用していません。また、作動油には異なる成分が含まれるため、油圧スピンオンフィルタとフィルタカートリッジには特殊な不織布や化学繊維ろ材など、より耐久性の高い材質が用いられています。

さらに、作動油に適した特殊なスピンオンフィルタとフィルタカートリッジが用意されています。