MAHLE製アフターマーケット技術攻勢:サーモスタット、冷却回路の管理

摩耗及び排出量を最小限に抑えること、内燃エンジンはできるだけ温度を出来る限り一定に保つことを必要としながら、効率的に動作させることが必要です。それには、冷却水とエンジン温度を調節するためにサーモスタットが、その目的のために使用されています。

気温調整のための数多くのサーモスタットとその他のコンポーネンツがMAHLEアフターマーケット製品範囲に追加されその完成を図っています。

  • 拡大素子
    サーモスタットの中核:熱を持つと,拡大素子(ワックス)が拡大しそれに応じてピストンが動きは始めます。もし気温が再び下がると、そのサイズは小さくなり、ばねがピストンを戻して開始位置に戻ります。拡大素子は、維持が簡単で、耐久性が高いです。これらの衣装幅は非常に可変性が高く30Nから2500Nまでの長短ストロークどちらでも可能であり、また気温幅–20°C から130°C.までの幅広いコントロールも可能です。
  • サーモスタットインサート
    作業精度:サーモスタットインサートが約20立方メートル1時間ごとの冷媒回路に対して正確な調節を乗用車、商用車、定置エンジン、農業•建設機械に可能にします。
  • 一体型サーモスタット
    サーモスタットインサートの継続開発:サーモスタットインサートの全てのコンポーネントはサーモスタットインサート、カバー、及びガスケットが既に一体型に統合されているサーモスタットがあります。それを、エンジンブロック上に直接フランジマウントがすることが可能です。
  • 筐体サーモスタット
    これらは完全にホースで接続するあるいはフランジとホースコネクターを装備することが可能です。それらを離れて設定することは、それらは混合室で統合となっており、カバーと筐体を組み合わせることになります。
  • マップコントロールサーモスタット
    サーマル方式において最も効果的な管理:電気加熱抵抗器が作動要素の膨張材料に組み込まれています。その結果、これらは、サーモスタットS電気的に活性化することが可能で、それによって様々な負荷および動作条件における最適な範囲内でエンジンを保つためにエンジン気温にかなり高速効果があります。その結果:エンジン出力が消費と排出ガスを減少させることになります。エンジン制御装置に記憶されているオペレーティング•マップの定義は熱がどのように又いつ加えられるかによります。
  • スリーブ弁サーモスタット
    主力:それらは、フローボリュームが約20立方メートル/Hから始まる、例えば、大型乗用車、商用車、船舶、および機関車に置いて大型のエンジン内での冷却回路を制御します。スリーブ弁原理が、重油圧負荷とその機能安全の一貫して高いレベルの下で正確な調節と熱膨張要素の軸方向の緩和を可能にします。
  • サーマル式スイッチ
    車両が静止した状態でエンジンのオーバーヒートに対する信頼性の高い保護を提供します:サーマルスイッチを開いたまたは電気回路を閉じて、例えば、定義されたクーラント気温の冷却ファン、上のでのMAHLEアフターマーケット製品のサーマルスイッチは最大24 Vの動作電圧用に設計されています。
  • 熱電対
    非常に熱に敏感な熱電対は電気回路が現状の気温レベルをエンジン内の様々な点で制御しデータを提供します。
  • オイルサーモスタット
    自動変速機のオイル温度は、オイルサーモスタットのトランスミッションによって規制されています。これはかなりのウォームアップ段階を短縮し、その後トランスミッションは、理想的作動温度を維持します。その結果:従来の駆動サイクルが約1%の減少、摩耗の減少及び改善された変速快適性、燃料の節約がされるようになります。
  • EGRサーモスタット
    これらがEGR冷却機を通して冷却液のフローを今までのサーモスタット適用領域の点でMAHLE製アフターマーケット•ポートフォリオを異なるものとしています。

サーモスタットは、基本的には、摩耗するパートがありませんが、そこには、かなりのスペアパーツの需要があります。事故または冷却システムへのアクセスを必要とする修理や保守作業の一部等に必要となります:機能性、さらには完全な失敗での損失により深刻な結果を招く可能性があるため、これらの重要な気温規制のために、継続的な機能性を保証するために、必要のある時点で交換しなければいけません。もしサーモスタットが常についている場合には、エンジンがあまり冷却されすぎてしまう可能性があります。サーモスタットが常に消されて状態であると、エンジンが全く冷却されず、過熱してしまいます。

販売識別子と派生製品の略称のシステムは、すでにフィルタセグメントにおいて確立されています。販売識別子シンボルは、完全に、気温が開口部、連番が続き、任意の個別のガスケットにより特定できる文字「D」が冠になっているものの詳細情報。シリアル番号が159、気温87℃の開口部、および中に入っているガスケットとスリーブ弁サーモスタットは、「THD15987 D」として識別されています。

MAHLE製アフターマーケットと共に、ベーアThermot-tronikサーモスタットの営業活動の仮定責任として、この覚えやすいサーモスタット製品識別システムをブランド全体で使用しています。サーモスタットは対応する販売識別子を与えられているベアThermot-tronik製品の範囲内ですでに利用可能となっています。移行フェーズの期間中に、サーモスタットは既存のベーアThemot-tronikの番号を使用して受注する事も可能でそれは、受注を受けた時点で新しいMAHLE製アフターマーケットの番号に再割り当てされます。

販売識別子および派生製品の略称


英語販売識別子国際販売識別子Abbreviation
サーモスタットインサートサーモスタットインサートTX
スリーブ弁サーモスタットサーモスタット、強力THD
サーモスタットハウシングサーモスタット、ハウジングTH
一体化サーモスタットサーモスタット、一体化TI
特性マップサーモスタットサーモスタット、マップ制御TM
サーマルスイッチ気温スイッチTSW
熱電対気温センサーTSE
操作子サーモスタット、ワックス素子TWX
オイルサーモスタットサーモスタット、オイルTO
EGRサーモスタットサーモスタット、EGRTE

X = インサート