マーレのシリンダライナ - 公差を厳しく設定

内燃式エンジンに対する要求は年々高まっており、シリンダ摺動面の分野で改善が絶えず求められています。ホーニング加工されたシリンダライナをピストンとピストンリングと正確にマッチングさせることは、エンジン性能の向上につながります。

オイル消費とブローバイを低減し、摩耗粒子の発生を抑え、優れたなじみ性と長寿命を実現するために、鋳鉄製シリンダライナには最適な摺動面を形成する必要があります。

マーレは世界中のエンジンメーカーに向けて、常に同じ厳しい品質基準を満たす、量産およびアフターマーケット用のシリンダライナを生産しています。シリンダライナの製造では厳しい公差が設定されていますので、シリンダライナをエンジンブロックに最適に組み込むことができます。また、材質、構造、表面品質もマーレ製シリンダライナの重要な品質特性です。マーレはエンジンメーカーと緊密な協力体制を築きながら、溶融組成、溶解物の処理法や機械加工工程を決定しています。

片状黒鉛

アルミニウムのほかに、鋳鉄合金もシリンダライナの材料として採用されています。

片状黒鉛鋳鉄はリンで合金化されます。合金材料を加えることで摩耗特性が向上し、ベイナイトと非常に細かいパーライトが形成され、母材が強化します。

優れたホーニング加工は、ピストンリング摩耗、微粒子排出、オイル消費量、摩擦の面でプラスの効果があります。

シリンダ(エンジン)の慣らし期間を可能な限り短縮し、減摩特性の改善を実現するために、マーレはシリンダライナのホーニング加工法の開発・技術革新を進めています。シリンダライナのホーニング加工で一貫した品質を実現するための重要な前提条件となるのが、材料の高い品質です。そのためには、空洞がなく、組成が均質、硬度が均一な鋳造材と、穴の適切な事前加工が必要となってきます。