MAHLEはアフターマーケットで全力を尽くします。

MAHLE製品は世界の自動車の2台中1台に用いられています。これは驚くべき数字ではありません。MAHLEは自動車部品メーカーの上位30社、さらにシステムプロバイダーの上位3社に数えられているのですから、不思議ではないのです。ピストンシステム、シリンダーコンポーネント、バルブトレイン、エアマネージメント、リキッドマネージメントシステムを扱う際、ほとんどすべての自動車/エンジンメーカーがMAHLEと協力しています。 MAHLEのアフターマーケット部門は、こうした知識を販売・修理・エンジン再生に携わるMAHLEのパートナーに伝えることはもちろん、製品にもすべて反映させています。

エンジンコンポーネントやエンジン周辺機器用フィルタをお探しですか?それでしたら、MAHLEの幅広い製品ラインナップのなかにぴったりのものがございます。詳細 こちらをご覧ください

エンジン内外/周辺のコンポーネントに関する専門技術。アフターマーケットのパートナーに対する強い責任。極めて高い品質基準。その他 詳細

MAHLEアフターマーケットに関する主要データ:従業員数、売上高、拠点、MAHLEの主なOE顧客、その他 詳細

世界のさまざまな地域のアフターマーケットで長い伝統を誇り、最高の品質を意味する5つの名前。詳しくはこちらをご覧ください。ここをクリック 詳細

MAHLEグループは自動車部品メーカーの上位30社に数えられ、内燃式エンジンおよびその周辺機器のコンポーネント/システム分野で世界をリードしています。 詳細

MAHLEについて考えるとき、即座に自動車業界の世界規模のサプライヤーとして最大30企業の内の一つであり、グローバルに活発な企業で、重要な開発パートナ及び国際自動車産業の勢いのある供給企業と思われることでしょう。しかしながら、多くのお客様やサプライヤーやパートナー企業にとってご理解頂けていないのは、MAHLEMAHLEは、ただの成功しているグループ企業ではなく、会社の後ろ側には、NPOMAHLE財団が99.9%のシェアを握っているのです。

1964年に、ハーマンとアーネストMAHLEは、40年以上企業として活動した後将来の計画を立てるための遠大な決断をしました。政治的社会的に第2次世界大戦後の混乱状態に置いて理想的な人間としてのイメージを単に企業として存続しつづけることだけに興味を失った人類学者であり当社の創始者でもあるㇿドルフスタイナーの影響によって形成されました。彼らにとって、それは、社会に対する心からの責任を認識することが同様に大切であることだからなのです。さて、その時から、MAHLEは、しっかりとしたビジネスの土壌に戻り、兄弟は彼らのライフワークとして人生を投げ出して、会社の株式のシェアの殆どすべてをその時からMAHLE財団を立ち上げたのです。投票権は、MAHLE Beteiligungen社(MABEG)によって持たれています。それは、所有権の移動の直前に設立された会社であり、今は、現在「VereinzurFörderung und Beratung der MAHLEGruppe Deutschland e」として知られています。(ドイツのMAHLEグループの進歩とガイダンスのための協会)。

したがって、「持続可能性」という言葉が人々の口から出るようになるずっと前に、ヘルマンとエルンストMAHLEは、未来志向により社会的責任ビジネスのためのベンチマークを設定しました。ヘルスケア、青少年福祉、一般成人と職業教育、有機農業の推進はMAHLE財団の主要な関心事です。財団の開始時点から、「Filderklinik」1975年に設立されたシュトゥットガルト近郊の診療所は、財団の努力としてメインスポンサーシッププロジェクトの一つとなっています。今日まで財団は現代科学に基づいた医療および非営利のFilderklinik社のホリスティックアントロポゾフィー医学を2006年以来行っており、MAHLE財団はまた、株主の相乗効果のために財政的支援を提供しています。財団はまた、ウィッテン/ヘルデッケ大学が運営するシュタイナー教育および研究プロジェクトだけでなく、ドイツにおいて数多くの社会的、文化的なプロジェクトを支援しています。

しかしながら、グローバルに活動する企業として、MAHLEMAHLEは、グローバルでもその責任を取る必要を感じており-、この目的-として自明の自主的な取り組みを行い、多くの従業員がその目的をサポートしています。例えば、英国で、MAHLEMAHLEは、空路の救急サービスとコソボ難民の社会復帰を専門に貢献してるElimNewlife財団を支援し、又、北米の「ユナイテッド•ウェイ」という援助団体もサポートしています。この団体の国際的な活動の焦点は、南米で、特にブラジルであり、MAHLE財団はNPO法人である「AssociaçãoBeneficenteMAHLE」を2007年に立ち上げ、極端な社会的コントラストの強いこの国の人口のすべてのセクションで良い医療を受けることが出来るようにすることを目的としています。MAHLEの哲学は、ブラジルで非常に明確に示れています。一つの場所で、1万人の従業員と共に最高の売り上げをもって、経済的な成功に導き、それをコミュニティの利益に直接渡すことなのです。

MABEGの株主あるいは、財団の職員のどちらも参加の結果において個人的な財産を受け取ることはありませんが、彼らは、MAHLE財団の信用為替を持っているのです。非常にわずかな限られた利益の共有が財団にされ、利益の中心は会社の物です。ご自身の将来に投資することによってのみ他の人の将来を守ることが出来るのです。