内側だけでなく外側でも安全を確保!

市場に出回っている自動車用スペアパーツの10個に1つは偽造品です。製品や商標権の侵害は世界中で問題視されており、こうした侵害が産業に大きな損失を与える要因となっています。偽造品はコスト面に大きな影響を与えるだけでなく、品質に関して厄介な問題が生じることも少なくありません。しかも、道路で人の生命を脅かすような重大な危険をもたらすことすらあります。

そうした中で、MAHLE純正エンジンコンポーネントは自動車アフターマーケットで最も需要の多い各種製品、つまり本来の購入者だけでなく偽造品製造者も求める製品を取り扱っています。その理由は、マーレが自社製品を複雑な包装と安全保証ラベルで長期にわたり保護していることにあります。現在、マーレは偽造防止対策に積極的に取り組み、MAHLE純正エンジンコンポーネントの包装すべてで新しいセキュリティシステムの導入を段階的に進めています。これはいくつかのセキュリティ機能を組み合わせたもので、製品を偽造から可能な限り守ることにつながります。